UniRxでコールバック関数の実装|ω・`)

 
今日はUniRx使ったコールバック関数の使い方だよ|ω・`)
今日使う顔文字はこれだよ|ω・`)|ω・`)

そもそもUnity + reactive extensions(Rx)の略でRx自体いろんな言語で使われてるから覚えて損はないと思う!!!!!!!!٩(๑`^´๑)۶

UniRxはdelegateやらeventと一緒で非同期処理で使ってるよ!!
 
 
まずはインスタンス化|ω・`)
ちなみに今回はイベントが発行されたタイミングを知りたいからUnit型を宣言してるよ!
Subjectに何も渡さないのはエラー出るからダメよ!!!|ω・’)
イベント発行時にstring渡したいならSubject(string)とすればよろし

 
宣言したら次は登録!|ω・`)
delegateでいう「変数 += コールバック関数」のとこやね!
UniRxは基本匿名関数でやってるけどね僕は(ドヤガオ

 
登録したらどこの処理で呼ぶか記述|ω・`)

 
実はこのUnit.Defaultを知るのに数時間Googleをさまよった。。。
どこ見てもだいたいstringやらint入れてたからね。。|ω;`)

UniRxはもっと便利な機能あるけど、大元の基本はこんな感じ!;ω;`)

そろそろ対人戦アプリ作ろうと思うこの頃…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です