0と1の隙間。PCから「小数点」を考える。

こんにちは!鳩豆です!

前回の「デジタル」を今更考えてみたよ、の記事に続き今回は0と1の隙間、、小数点の世界はPCではどうなっているのか考えてみたい。

PCでは2進数ベースであるものの、実際は色んな進数を組みわせて処理するらしい。
2進数で計算し、16進数に変換、はたまた10進数で表示する・・・・などなど。
す、すごい。

そこでふと疑問が湧いた。
そういえば小数点ってどうするんだろう?
2進数って桁が多いのに、さらに桁が小数点以下に付くと、いくら処理が早いからって流石に横に並びすぎじゃね?というショーもない疑問が湧いたのだった。

2進数で
1+1 は…10

もう桁が増えたーーー。

10進数の小数点
12.2は
2進数で
10110.00110011001100110011001100110011001100110011001100110011
(打ち切り)

桁が多っ。打ち切らないと大概、小数点部分は循環する。

この桁数をビットの情報に乗せるということはさらに(ものすごい雑に言うと)桁が増えることになる。
1文字も8ビットで表現する場合、この桁数は桁数だけですでに合理的じゃない。

と言うことで。
心配するまでもなくしっかり準備されていた。

PCでは浮動小数にして情報を渡すらしい。

「浮動小数点数」のwikiによると・・・・

浮動小数点数(ふどうしょうすうてんすう、英: floating point number)は、浮動小数点方式による数のことで、もっぱらコンピュータの数値表現において、それぞれ固定長の仮数部と指数部を持つ、数値の表現法により表現された数である。

うむ,なるほどー。
全くわからんわっ!!

文字の意味を調べて、その説明文が何一つわからん時の悲しみと言ったら・・・気を取り直して説明すると・・・・

12.345(10進数)を内部で処理する際に、

12.345を符号と指数と仮数に分けます。(そういえば習ったな〜)

符号(ビット先頭)は正の数なので符号は0、

12と0.345に分けて、
二進数に変換してみると・・・

12⇨1100と
0.345⇨010110000101000111101011100001010001111010111000100000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

0がまだ多いので大変だ……
そこで小数点を左に移動させて1だけ残して表現すると、

1.100010110000101000111101011100001010001111010111000100000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
x(かける)
23

と表現できる。まだ多い・・・・

そこで今回は単精度のfloatで指数と仮数を32ビット(4byte)で表現する。

32ビットでは先頭が符号、後の8桁が指数部、残り23桁が仮数部となるので、

0 10000010 10001011000010100011110

結合すると、

01000001010001011000010100011110

12.345はと32bitのfloatでは↑で表現しているのだね…..ふう、やれやれ。

いつも処理とか、いろいろありがとうパソコン君!
ではまた!

【無料】画像の文字をテキストに書き起こす魔法の機能が、簡単に使える!!

こんにちは!bibiです。

クライアントから画像をもらって中身を文字起こしする・・・
無駄な作業TOP10に入るこの業務、人類ならば一度は経験していますよね!?

そんなあなた(僕)に朗報が!!!

なんと、画像をアップロードしてちょいちょいするだけで、
無料で文字お越ししてくれる機能があるのです!!!

手順としては、超簡単!
グーグルドライブを使います!

1.PCで文字起こしをしたい画像をグーグルドライブにアップロード
2.その画像を右クリック。「アプリで開く」から「Google ドキュメント」を選択

これだけ。

別ウィンドウが開き、ドキュメントシートの下に、起こされた文字がテキストで入っております!

これ、かなり精度が高い!
注意点としては、
・ファイルサイズを2MB以下
・テキストの高さを10px以上
・画像の向きをそろえる

コントラストがはっきりした画像だと、より正確になります。

僕の脳内もこんなばっちり書き写されちゃいました!///

それじゃあ!快適なWEBライフを☆彡

Macで文字入力を洗練させる小技

こんにちは!鳩豆です!

Macのキーボード入力で「やばい、打ち間違えた!」の時のちょっとした小技を紹介します。
例えば下のような入力・・

texttexttexttexttexttexttexttext
texttexttexttext
texttexttexttexttexttexttexttexttexttext
やばいkop、76&打ち間違えた。結構打っちゃったよ・・・・

texttexttexttexttext
ここに入力したかったのに・・・・
texttexttexttexttexttexttexttexttexttexttext
texttexttexttexttexttexttexttexttexttexttexttext

文字を必死に打っていて、かなり打った後に「やばい変な文字になってる」と気づき、BackSpaceキー連打でひたすら打った文字を消してませんか。

鳩豆は消してます!!

「バックスペースキーの消耗、激しいだろうな・・」と心配になってみたり。
打ち間違えると結構最初から打ち直したいもので、結局全部をBackSpaceキー連打で消しますよね。

そんな時もうBackSpaceキーを連打する必要はないんです!

以下のショートカットキーで「やばいkop、76&打ち間違えた。結構打っちゃったよ・・・・」の部分をさっくり消せます。

Control+A
Control+K

Control+Aでカーソルが先頭に、
Control+Kで行削除!!

おお、早い!
これからはこの方法で、消そう!

これでBackSpaceキーの寿命が少し伸びたかも?

 

Illustratorのバージョンをサクッと調べる

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 

こんにちは!鳩豆です!

 

 

「あれ?イラレのバージョン何で作ったっけ?」の時ありますよね。

先方さんにバージョン指定などあった時、細かなバージョンを知りたい時などなど。今回はイラストレーターで作成したファイルのバージョンをMacでサクッと調べたい時の方法を紹介します。

「作成したイラレファイルを開いて、えーっと、環境設定とかだっけなー・・・」

イラレを立ち上げなくても確認可能なんです!!

 

 

【Macイラレアプリ自体の確認方法】

1、Finderからアプリケーションを開きカラム表示に切り替え

2、Adobeイラレ(ここではcc2018)→ アプリ本体の方のAdobeイラレ(を選択状態にすると)、、カラムの一番左に情報が表示されます。

 

なるほど正確にはバージョン22.01なのだな、うむ。 と確認できた!!

 

続いて作成したファイルのバージョンを調べるには・・

【Macイラレファイルの確認方法】

1、該当ファイルを右クリックで「情報を見る」

2、するとバージョン表記が下のように!
この場合は「v22.01で作成保存してv.17まで互換性があるよ」ということになります。

 

簡単じゃ!またね!