アドフリナイト、行ってきました

 

2016年10月14日、アドフリナイトなるイベントに参加してきました。(`・ω・)
個人でも参加できるみたいです。
https://atnd.org/events/81942

 

アドフリナイトは定期的にイベントをしており、カジュアルアプリにおけるバナーや動画広告などのノウハウを学べます!(`・ω・)

 

今のスマホアプリにおける広告の傾向、成功しているアプリと失敗しているアプリの広告の導入の違いなど具体的なことが学べてすごく為になりました!!

 

定期的にイベント開催されているみたいなので、売れるアプリ作りたい方は是非一度行ってみてほしいです!

 

今回行って分かったのは、「広告のあり方も時間が経てば、また変わってくる」ということで、現在の広告のあり方を知る為には定期的にこのようなイベントに参加した方がいいなと思いました!(`・ω・)

 

有益な情報はまたここでまとめようと思います!

今回は以上!!

bt 河条

【Unity】imageオブジェクトが思い通りに表示されない問題!

UnityでImageオブジェクトに画像を貼り付けても思い通りに表示されない問題に直面!

レイヤーがおかしいのはわかるけど、imageってSpriteみたいにレイヤーを指定しないし、どうなってんだ。。。

ってことで、今日はimageのレイヤーについて解説!

結論から言うと、imageのレイヤーはUnityのヒエラルキーの順番で変わります!
画像のhaikeiというimageオブジェクトとTitlePrefabオブジェクトに注目、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-10-06-02

haikeiは灰色の背景、TitlePrefabはUIボタンの集合体なのですが、、、結果は以下の通り

灰色の背景が前面に出てしまってボタンが出てきません。。。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-10-06-10

ということで解決策!!
ヒエラルキーにあるhaikeiをTitlePrefabの上に持って行きましょう!!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-10-05-39

こうするとimageであるhaikeiは後ろに行ってボタンが表示されます!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-10-05-50

個人的にSpriteでレイヤーいじってやるのが分かりやすいけど、どうしてもimageにしたい!!でもレイヤーどうなってんだ、、、っていう場合はこのヒエラルキーの順番で管理するしかなさそうです。

他にいい方法知っている方いればコメント欄で教えてください(´・ω・,’;,’;,’,

by 河条

Unity体験会、終わりました

 
Unity体験会終わりました!!!

参加してくださった方ありがとうございました!!
当日結構緊張したわ。。。(´・ω・)
 
 
今回はプログラムというよりUnityというツールの使い方の講座でしたので、人によっては退屈かもと不安でしたが、楽しんでもらえたようで良かったです!!(´・ω;
)

割とツールの使い方の勉強会も需要あるな(金になるかもな)と思った。( ̄ー ̄)

 
みなさん大きく詰まることもなくゲームを完成させていました!!
次回やるとしたらプログラムも触ってのゲーム作りしようかなあと考えています!!
写真は当日参加してくださった皆さんです!!

img_0962
 
 
本当に来ていただいてありがとうございました!!!(涙)

 

by 河条

今週土曜日より!いよいよゲーム制作体験会!!!

こんばんは 河条です。(´・ω・)


いよいよ9月24日にUnityを使ったゲーム制作体験会が始まります!

 

当日はマリオのような2Dゲームを制作予定です!!

 

Unityの基本からゲーム作りの流れなどの勉強ができるので、ゲーム作りたいけど何からすればいいかわからない!!という方はオススメです!

 

質問コーナーもあるので、ガンガン質問してください!!!

とりあえず、人集まったので一安心(´・ω・)

 

よかったら今後もこういうことしていきたいですね!(今後も無料とは言っていない)


あと当日はパソコン持ってくるの忘れないようにしてください!!(´・ω・)

では24日楽しみにしています〜(´・ω・)人(´・ω・`)

アドフリくんの動画リワードの実装してみる!!

こんばんは。河条です。^o^

アドフリくん動画リワードにめっちゃ時間かかった。。。

実機テストまでは公式サイトのマニュアルみればなんとかなったけど、いざスクリプト入れて動画リワード再生しようと思っても、なかなかうまくいかなくて割と同じ現象になってる方をツイッター等で見たので、ここにまとめ!

御託は置いといて、とりあえず結論のソースコードじゃ!!

using UnityEngine;
using System.Collections;
using UnityEngine.UI;
using System;

//ボタン押下時、動画リワードが流れ、再生完了後にゲーム内アイテムを増やす
public class Moviepop : MonoBehaviour {
    
    //動画リワード再生後に値を増やす
    private int test_num;
//動画リワードの状態を格納
    private SCENE_STATE sceneState = SCENE_STATE.MAIN;

    //動画リワード用bool変数
    bool initialized=false;
//動画リワードの状態を定義
    enum SCENE_STATE {
        MAIN,
        QUIT_WAIT,
        QUIT,
        END
    }   
    
    // Update関数
    void Update () 
    {
        //動画リワードの初期化
        if (!initialized) 
        {
            initialized = true;
            GameObject ob = GameObject.Find(“AdfurikunMovieRewardUtility);
            AdfurikunMovieRewardUtility au = ob.GetComponent<AdfurikunMovieRewardUtility>();
            au.setMovieRewardSrcObject(this.gameObject);
        }
//動画リワードの状態をチェックする
        switch (this.sceneState) {
        case SCENE_STATE.MAIN:
            break;
        case SCENE_STATE.QUIT_WAIT:
            this.sceneState = SCENE_STATE.QUIT;
            break;
        case SCENE_STATE.QUIT:
            this.sceneState = SCENE_STATE.END;
            break;
        case SCENE_STATE.END:
            break;
        }

    }

    //広告動画を再生させるボタン
    public void PushAdsense ()
    {
        GameObject ob = GameObject.Find(“AdfurikunMovieRewardUtility);
            AdfurikunMovieRewardUtility au = ob.GetComponent<AdfurikunMovieRewardUtility>();
            au.playMovieReward ();            
    }

    //コールバック関数(ここはアドブリくんのリファレンス丸コピでおk)
    void MovieRewardCallback(ArrayList vars) { int stateName = (int)vars[0];
        string appID = (string)vars[1];
        string adnetworkKey = (string)vars[2];
        AdfurikunMovieRewardUtility.ADF_MovieStatus state = (AdfurikunMovieRewardUtility.ADF_MovieStatus)stateName; switch (state) {
        case AdfurikunMovieRewardUtility.ADF_MovieStatus.PrepareSuccess:
            //準備完了
            break;
        case AdfurikunMovieRewardUtility.ADF_MovieStatus.StartPlaying:
            //再生開始
            break;
        case AdfurikunMovieRewardUtility.ADF_MovieStatus.FinishedPlaying:
            //再生完了” ここで増やしたいゲーム内アイテムを記述する
            test_num += 1;
            PlayerPrefs.Save ();
            break;
        case AdfurikunMovieRewardUtility.ADF_MovieStatus.FailedPlaying:
            //再生失敗
            break;
        case AdfurikunMovieRewardUtility.ADF_MovieStatus.AdClose:
            //動画を閉じた
            break; default:
        return; }
    }
}

このコールバック関数のケース文の中でやりたいこと記述すればおk!

河条はこの動画再生完了が全然取得できず、数日間さまよっていた。。。ちなみに原因はenumで定義した状態をupdateの中でチェックしていなかったからという^p^

でもツイッター見てると意外とつまってる人いた感じだったので解決方法共有!このソースそのまま使えばできるから!

以上!プログラマーの味方、河条でした!
さよなら さよなら さよなら(淀川長治風)