Adobe Lightroomを最近使ってます!

ちゃお♪
taeminで〜す☆

ここ最近だいぶ涼しく秋を感じる日があったかと思えば、熱さ再び!という日々があったりとその繰り返し・・・今年のこの暑さはほんと災害レベル!!!体調の方が追いついていかない・・・

てな訳であまりの暑さに休日もどこにも出掛けられないのでtaeminは大人しく愛犬と涼しいおうちでオネンネデス・・・😇

・・・・・・そんなわけで??今回は〜〜??

全く関係ないけど今回のお題は
「Adobe Lightroom(ライトルーム)を使ってみた」
です!

lightroom(ライトルーム)とはなんぞや〜〜?という方に簡単に説明すると、ライトルームとは写真加工専門ソフトなんですね👏👏👏

インターフェイスがこんな感じになっていて〜〜👀
右側の赤枠の部分で数値を調整するんですね〜〜👏👏👏

するとご覧の通りに補正できちゃいます!

ちょっと色褪せた写真もこの通り!
ライトルームが便利&面白くて最近ハマっているtaeminです!

若干暗く写ってしまった写真でもこのソフトを使えば、たちどころにインスタ映えするような写真に大変身〜〜!!

興味のある方は是非使ってみてくださいね〜〜!!

ハードウェア知ってますか?

こんにちは!鳩豆です!

さて突然ですが
「ハードウェアって知ってますか?」(今回も耳ダコなPC小ネタ話題を恐れず提供いたします。)

ハードウェアって
パソコンとか、
パソコンの中のHDD、または物理的な機器部分、などのことを指したり、周辺機器全般などなど、パソコン関係の物理的なマシンのことをいうときに使用しますよね。
かなり便利な呼称になってます。
でも、ハードウェアのハードって、何がハードなの? って疑問に思ったことありませんか?

ハードウェアは hardware 。
注意としては、「hardware」のwareは服を指すwearではないです。

直訳すると「金物」のことです。鍋など売っているあの金物屋さんの「金物」です。

まだコンピューターそのものが、黎明期だった頃、各マシンは揺れや衝撃を考慮して、頑丈で堅牢に守られていたのです。すでにSSD時代ですが、PCの中のハードディスク(HDD)も同様に今でも金物(金属)で守られていますよね。

その風習からコンピュータ関連の周辺機器全般はハードウェアと呼ぶようになったとです。(ちなみにその呼び名の「ハードウェア」に対応して、ソフトウェア(software)があり、こちらは完全な造語です。)

そうかーーー、ということは、

「むかーし、むかしの、・・ことじゃったぁ」
(日本昔ばなし風に)・・・いい声だったなー、「昔話はこの声でないと、、」と言われるくらい良い声でした。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

鳩豆がとても可愛い内気な小学生だった頃、学校には「中央電算制御統制管理室」とかそんな感じの、ものすごい怖いネーミングの部屋がありました。
「あった!」という方は昭和4,50年代生まれ?です!

タイトル写真のようなイメージの部屋で、謎マシンが並び、
さらにそのマシンはモニターとキーボードらしきものがついていて、
でも全体が(厳重なときはほぼ部屋全体が)金網でガードされている、、

部屋の名前も怖いし、
中の機械はもっと謎だし、
さらに部屋の中に金網って(んーーー、 っ外か っ !?)、
可愛い小学生ならまず「この部屋は近づかんとこ・・」と思わざるを得ない迫力ある部屋でした。

そうなのです!

この部屋こそが、、、(様々なジャンルの各エキスパート様たちの言葉を無視して表現させて頂くなら)

今のパソコンの「ハードウェア」そのものなのです!!
いやもっと端的に表現するなら、ハードディスクそのものなのです!!(なのですっ!!)

おおー、それで確かにハードなウェアで囲まれていたのね。
あの部屋は「ハードウェア」の語源を「部屋」として見せてくれていたのね。
なるほどなるほど。

最後にこのhardwareにまつわる嘘のようなほんとの笑い話を紹介します。よくPC関連の本で紹介される話です。

コンピューター黎明期の頃、当時先端のアメリカについた日本のコンピューター技術の研究者たちは、
ついて早々に鼻息荒く「さすがコンピューター先端の国、街の至る所にhardware storeと書かれた看板がある!!」と叫んだそうです。

しかし廻れども回れども店にHDDなどは置いてなく鍋や工具ばかり。

しびれを切らしてとうとう何軒目かで「何故どの店もHDDやPC関連機器は置いてないのか?」と訪ね大笑いされて教えられたそうです。
「アメリカではhardware storeは至る所にあるが、金物屋、工具屋、ホームセンターなどの意味だ」と。

た、確かに金物屋さんでHDDは置いてないですよね^^

ではでは、また!

サプライド本日で5期目を迎えました!

サプライド、5期目迎えたってよ。

人数も続々と増え、ますます殺気活気立っておりますよ!
今後ともサプライドをよろしくお願いします!

 

画像は、弊社の敏腕営業チームとそれを束ねる我が社の代表・・・

悪人茶目っ気たっぷりノリノリの構図での撮影です!
普段着ではないですからね!そこ、勘違いしないように!!

かなり加工してありますが、この写真がサプライドサイトのどこかに使われているかも・・・?

皆さんも是非、探してみてください!
https://www.supride.jp/

5周年もこうやって、楽しく仕事していきますよ♪
皆様よろしくお願いします~

先々週は社員旅行!

先々週の事ですが、サプライド社員みんなで社員旅行に行ってきました〜〜!!

さてさて向かった行き先は〜〜👀??


鬼怒川温泉!!!!!

みんなでこのクソ暑い中温泉行ってきましたーー!!!
ホテルまでの移動中、みんなからは阿鼻叫喚でいっぱいでした!!!

無事ホテルに到着し・・・・・
おお!とってもキレイなホテル〜〜!絶対お高いんでしょ!!

さすがに昼間は暑すぎて観光どころではなく・・・・・・・
大人しくホテル内で涼んで夜はみんなで宴会をして大変盛り上がりました!

宴会の後は二次会へ・・・・
社員さんたちが体を張って熱演!!!

その後も三次会、四次会と開催され・・・・・
や〜〜〜最高に熱い夜でした〜〜〜💋💋💋




その次の日の朝・・・・・・(チュンチュン)
完全に酔い潰れてた人たちが・・・・

ブログのネタにされます〜〜〜〜😙
来年は誰がネタにされるのか??!
また来年の社員旅行をお楽しみに!!!

「私はこうやってつくりました」ポートフォリオ作成時のポイント3つ!

どーも、こんにちは!らび太です。

毎日暑いですねι(´Д`υ)
暑いのは少し苦手だったり。。。
連日最高気温が30度を超えちゃってるので流石にゲンナリしてますorz

それにしてもこう真夏日が続くと、冷たいアイスやかき氷が恋しいですね。
某●ーティーワンのアイス食べたいけど、昔通ってた学校の近くにあるめちゃめちゃおいしいかき氷屋さんに久々に行ってみたい気もする。
でも夏バテしても困るし、もうすぐ土用の丑の日だしウナギもがっつり食べたい。。。
ていうか焼き肉が食べたい。自宅の近所にある焼肉屋さんが(以下略

と、食べ物の話ばかりしててもしょうがないので、本題に入りますね。


皆さんは「ポートフォリオ」を作成したことがあるでしょうか?

webデザイナーやクリエイターを志望する人にとって避けては通れない道といっても過言ではないポートフォリオ作成。web制作会社等に面談に行く際には必須となるものです。
今回は自分が作成した時の具体的なポイントをまとめて紹介しようと思います。

【1:載せておきたい項目を決めよう!】
・制作に携わったwebサイト(もしくはwebページ)名
・ページ画面
・担当箇所
・制作環境
・制作期間
・リリース日
・URL
・説明テキスト

まあサイト名は当然として、ページ画面はPCとスマホ両方あると良いと思います。
PC画面と言っても単にスクショするより、FireShotを使った方が断然便利!
縦に長いページも丸っと全部撮ってくれるので加工が格段に楽になります(*^^)v

※FireShotは、Google chromeの拡張機能の一つです。
ダウンロードはこちら↓
https://chrome.google.com/webstore/detail/take-webpage-screenshots/mcbpblocgmgfnpjjppndjkmgjaogfceg?hl=ja

作業した担当箇所というのは、あくまで自分が制作にあたって取り掛かった部分のことです。仮に1から全部サイトの制作を担当したとしても、ディレクションなどコーディングやデザイン以外の部分も含まれて解釈されてしまうので(ディレクション等もすべて含めて携わったのであれば話は別ですが)コーディングとデザインだけを担当したのであれば曖昧な書き方をせずはっきりと書いた方が良いです。

制作する上で使用したソフトや技術の具体名を出すことも重要ポイントです!
制作期間やリリース日といった時間に関する事も「このリリース日までにどのくらいのスケジュールで作業してきたか」
を簡単で良いので載せておけば、仕事に対する時間の意識をアピールできるポイントになります!
URLも、既にリリース済みのwebサイトであれば載せておきましょう。

【2:説明テキストは“簡潔に”!】

サイト自体の説明のほかに、サイト内で担当したページの箇所と、制作する際に工夫した点などを具体的にまとめていきます。
ただしここで重要になってくるのが、見出しの通り「簡潔に」まとめることです!
面談の時に先方がポートフォリオを見てくれる時間はそう長くはないです。その中で「俺ここ工夫したんだよ!頑張ったんだぜ!!スゲーだろヒャッハー!!
と、熱意を長々とした説明文に込めたとしても、受け取る側はきっと一目見た瞬間に読む気が失せることでしょう。
そういった説明は、実際の面談で口に出して伝える方が良かったりします(とは言え本当にヒャッハーと叫ばないでくださいね。。)
なので、ポートフォリオに記載する説明文は出来るだけ目に留まりやすい箇条書きにまとめましょう。
本の帯文(帯に書いてあるキャッチコピー)みたいな形にまとめられると良いかも!

【3:いくつ見せるか・どの順番で見せるか】

先述の通り、先方はたくさんの人と面談をする機会があるため、一人ひとりのポートフォリオに目を通す時間は短いものと考えていいでしょう。
なので、一番自信のある、もしくは一番工夫して伝えたい内容のあるサイトは最初の順番にもっていくようにしましょう!
そうすれば面談の時にも一番に説明ができますし。
あと、先方に見せる際にはそれなりに数をそろえておく必要があると思います。これもあまり数が多いとすべて見てくれない可能性があるので、だいたい3つ~5つくらいは用意しておきたいところです。

【まとめ】

ここまで長々と説明してきましたが、ポートフォリオはweb制作やクリエイターには必須であると同時に、自分の能力を目で見て確認してもらえる唯一のツールです。
そのためにも、できる技術や知識は自分の中できっちり抑えておき、志望している制作会社などに「刺さる」ようなポートフォリオをぜひ作ってくださいね!
それではまた~(@^^)/~~~