Digital再考〜 唐揚げからDigitalを考える

こんにちは!鳩豆です!

Blogネタに困ったぞ、ということで、PCネタを書いていきます。
自分のためのメモ書きとして、鳩豆メモ略して「はとまめも」!

何はともあれ、Back to the Basic!
何事も基本から〜を軸にくだらない閑話をして参ります。

記念すべき初回は「Digital」とはなんぞや?のところから。
うむ。初回にふさわしい。

デジタル大辞泉さんの解説を見ると、、

「デジタル」とは

連続的な量を、段階的に区切って数字で表すこと。
計器の測定値やコンピューターの計算結果を、数字で表示すること。数字表示。

最後の「数字表示。」がなんかすごいシンプルで良い。

よく言われる
『デジタルってやつぁさあ、0か1の世界なのよ、要するにそういうこと。わかったな。それ以上聞かれても困るぞ。』などど自分も訳知り顔で言っていた。。。

『PCは基盤の上の電流の有無を表現するのに、つまりONとOFFを表現するのに0 と 1 が適していた。だから2進数が根本にある。つまり、デジタルとはさー、「ある」のか「ない」のかの情報のみを取り扱う世界なのさー。それ以外の情報はアナログなんよー』、、と。

しかし鳩豆は0と1の間の存在が気になっていた。

「0」とは「無い」を表す数字だ。「1」とは「ある」を表す一番最初の数字だ。そこで鳩豆は思った。

「あれ?0と1の間には、0.1があり、0.01があり、0.001があり、、、、無限じゃん。」「無限じゃん。」

そうなのだ。上の説明にどこか物足りない印象を持っていたのである。

そこで再考するにあたり、
鳩豆は唐揚げが大好きであるが、これを例に「Digital」を考えてみた。

「唐揚げを今食べたいか?」
という問いに対して「0」と「1」で考えてみたい。

A:「全く食べたくない、もう金輪際食べない!」(0)
B:「まさに今食べたかった!全部ちょうだいね!」(1)

しかし日常にはこれ以外の答えが無数にある。

C:「いやー昨日、居酒屋ですんごい食べたのよー、んもう、10個は食べたかなー、いや、ほんとは好きなのよ、ほんとに。」

D:「今はなー・・・、今日晩御飯、とんかつにしようかと思っててさー、夜にガツンとしたの食べるじゃない。ただ明日は食べたい。食べる!!明日もまた貰えるの?いいの?いいのね?明日は絶対食べるからね。とっといてよ!」

上の説明ルールを適用すると、
AとBがデジタル、CとDはアナログとなる。た、多分。

((・・・なぜだろう?どうでもいい話にどうでも良い例え話を乗っけてしまっている感じがする・・・))

しかーーーし、
ここで「デジタル大辞泉さん」のデジタルについての解説を思い出して欲しい。
「連続的な量を、段階的に区切って数字で表すこと。」

置き換えると

唐揚げが好きということ自体はおそらくこの先も連続的で変わらず、
その量(食べたい度数)が段階的にある、と
そう!CとDもしようと思えば数字で表現できる。た、多分。

例えば、
Cさんは「ほんとは好きなのに昨日も食べたから」と言っているが決して頂戴とは言っていない。数字で言うと 0.001101 あたりとか表現できそうだ。
Dさんは明日はもらう気満々だ。なので 0.1111111・・・ と表現できる!

そうなんです!!

この行為自体、この考え方自体、、
つまり、デジタルとはすなわち、「0と1だけの世界」ではなく、

 

「全てを数字に置き換えること」
まさに簡潔に言うと「数字表示」!!!
いや、すでに数字そのものがデジタルだったんだ!!

これが鳩豆流のデジタルの正しい解釈だーーー。
とりゃーーーーー。とりゃーーーーー。とりゃーーーーー。・・・・・

 

 

というところで、次回は「0」と「1」の隙間に焦点を当てたい。
くだらない説明にお付き合い頂きありがとうございました。

【PHP】関数を使った値渡し、参照渡し٩( ᐛ )و

以前の記事の続きだよ!

前は値渡し、参照渡しについて書いたけど、今回は関数を使った値渡し、参照渡しについてだよ!٩( ᐛ )و

// 値渡し
function func_atai_watashi($value) {
    $value = "値渡しされた";
}
// 参照渡し
function func_sansyo_watashi(&$value) {
    $value = "参照渡しされた";
}

$value = "٩( ᐛ )و";
echo "関数に入れる前の値: {$value}";

func_atai_watashi($value);
echo "func_atai_watashiに渡した後の値 : {$value}";
func_sansyo_watashi($value);
echo "func_sansyo_watashiに渡した後の値 : {$value}";

一見すると、$value変数を関数に渡して代入しているから

func_atai_watashiに渡した後の値 : 値渡しされた
func_sansyo_watashiに渡した後の値 : 参照渡しされた

となりそうですね🤔

実行結果
関数に入れる前の値: ٩( ᐛ )و
func_atai_watashiに渡した後の値 : ٩( ᐛ )و
func_sansyo_watashiに渡した後の値 : 参照渡しされた

 
結果はご覧の通りです!
参照渡しした関数は変わってますが、値渡しされたところは値が変わってませんね!
これは別の変数として扱われているからなのですが、もうちょっと深掘りしましょう!

// 値渡し
function func_atai_watashi($value) {
    $value = "値渡しされた";
    echo "func_atai_watashiの関数の中のvalue : {$value}<br/>";
}
// 参照渡し
function func_sansyo_watashi(&$value) {
    $value = "参照渡しされた";
    echo "func_sansyo_watashiの関数の中のvalue : {$value}<br/>";
}

$value = "٩( ᐛ )و";
echo "関数に入れる前の値: {$value}<br/>";

func_atai_watashi($value);
echo "func_atai_watashiに渡した後の値 : {$value}<br/>";
func_sansyo_watashi($value);
echo "func_sansyo_watashiに渡した後の値 : {$value}<br/>";

はい!関数の中の変数はどうなっているか見てみましょう!

٩( ᐛ )و実行結果٩( ᐛ )و
関数に入れる前の値: ٩( ᐛ )و
func_atai_watashiの関数の中のvalue : 値渡しされた
func_atai_watashiに渡した後の値 : ٩( ᐛ )و
func_sansyo_watashiの関数の中のvalue : 参照渡しされた
func_sansyo_watashiに渡した後の値 : 参照渡しされた

 
func_atai_watashiの関数の中のvalue変数は”値渡しされた”にちゃんとなっていますね🤔

この辺は値渡し、参照渡しというよりはローカル変数、グローバル変数、スコープ等々の問題なのですが、それも参照渡しを使えば上手くクリアできるよ!という話でした!

この辺の理解が足りないと、関数の中の値はちゃんと変わっているのに、関数の外いくと値が変わらない〜となってしまうので気をつけましょう!

それではさよなら〜٩( ᐛ )و

【無料】画像の文字をテキストに書き起こす魔法の機能が、簡単に使える!!

こんにちは!bibiです。

クライアントから画像をもらって中身を文字起こしする・・・
無駄な作業TOP10に入るこの業務、人類ならば一度は経験していますよね!?

そんなあなた(僕)に朗報が!!!

なんと、画像をアップロードしてちょいちょいするだけで、
無料で文字お越ししてくれる機能があるのです!!!

手順としては、超簡単!
グーグルドライブを使います!

1.PCで文字起こしをしたい画像をグーグルドライブにアップロード
2.その画像を右クリック。「アプリで開く」から「Google ドキュメント」を選択

これだけ。

別ウィンドウが開き、ドキュメントシートの下に、起こされた文字がテキストで入っております!

これ、かなり精度が高い!
注意点としては、
・ファイルサイズを2MB以下
・テキストの高さを10px以上
・画像の向きをそろえる

コントラストがはっきりした画像だと、より正確になります。

僕の脳内もこんなばっちり書き写されちゃいました!///

それじゃあ!快適なWEBライフを☆彡

データの解像度「ppi」と「dpi」

初めまして。tutinokoと申します。

デザイン的なことを勉強しながらやりつつ、Javaもやったりします。

 

先日Illustratorでpdfに書き出す際に、データを軽くするために解像度を下げる方法を探してちょっと気になるところを発見しました。

画面で画像を表示させるのに、解像度は72dpiに設定する方が多いと思います。

しかし、ダイアログに表示されているこの単位

ppi…

dpiはよく目にしますが、ppiってあんまり見慣れないなーと。

うまく説明できるほど理解できていなかったので、ちょっと調べてみました。

 

dpiとは

dots per inchの略で、1インチあたりのドットの数のことを指します。

 

ppiとは

pixels per inchの略で、1インチあたりのピクセルの数のことを指します。

 

あれ、ドットとピクセルって大した違いがないんじゃ・・・

これ、ディスプレイで画像を見る分には大きな違いがないのですが、印刷物にする際に違いが出てくるようです。

 

イメージはこんな感じらしいのですが、印刷物はドットの集合体で、ピクセルより黒の密度が低いため、解像度を高く設定しないと、画像の荒い印刷物になってしまうということなんですね。

大雑把にppiは画面で使用するもの、dpiは印刷で使用するもの…と覚えておけばよいのではないでしょうか。

それではこの辺で。

2018年現在、使っているOS

こんばんは。
さて、皆さんは普段、パソコンではどのようなOSを使っていますか?

私は、時と場合によってパソコンを使い分けているのですが、基本5割はWindows、残り4割はMac、そして残りはLinux。
Windowsの中でもXP,Vista,7,8,10とありますが、私は7,10を使っています。
Macは最新のOS, Mac OS X.
Linuxはたくさんあるのですが、ラズパイ用のRasbian.
あと、近々古いPCにUbuntuもインストールしようと思っています。

私はITのコミュニティに参加することが度々あるのですが、そこでは、Macを使っている方が多いと感じられます。一部の会社だったり、ちょっと前までの状況ではWindowsユーザーが多いのですが、デザイン業に限らずプログラム関連の仕事をしている方々もMacが多く感じられます。
おそらくそれは、ターミナルがあるかないかの違いだと思います。
そして、その中でMicrosoftのOffice製品が使える。+スタイリッシュだからですかね。