スプレッドシートでプルダウンや色が変わる表を作る!

こんにちは!家では早くもレッグウォーマーとフリース装備、布団には湯たんぽを仕込んで白湯を飲んで寝る、寒がり変温動物のtutinokoです!

冬場は白湯を飲んでから寝ると、寝つきが良くなるのでオススメですよ!
沸かしたてのお湯は熱すぎて飲めないので、少しずつ水を足して飲みやすい温度に調節してます。

さてさて、最近は業務でGoogleスプレッドシートを使うことが多くて、表を作った後にこうした方が使いやすいかな…とカスタマイズなどをしたこともあります。
Excelでもバリバリ関数を使えるわけではないので、表に手を加えるのに毎度調べたり、前に作った表を見返したりなんかしてるのですよね。

そこで、自分用メモも兼ねて、プルダウンの作成や、特定の値が入力された際に行のセルの色が変化する表の作り方をご紹介します!

今回はスプレッドシートにこんな表を作りました!
どこか内容に間違ってる場所があっても、まぁ見逃してください…

まず、こちらのG列◯△×をプルダウンにしましょう!

G列の2〜14行目をぐいーっとドラッグします。

上部メニューのデータ→データの入力規則をクリックします。

先ほどドラッグした範囲がセル範囲に入力されています。これが今回プルダウンにしたい範囲ですね。
条件を「リストを直接指定」にしてカンマ区切りで◯△×を入力します。
「セルにプルダウンリストを表示」にチェックを入れて、保存ボタンを押します。

はい!これでプルダウンリストが作成されました!

次に、特定の文字列が入力されている行のセルの色を変更するように設定します。
ここでは同じくG列に×が入力された行をグレーにするように設定します。

まず、表のA2〜H14までをぐいーっとドラッグして選択します。
次に、上部メニューの表示形式→条件付き書式をクリックします。

すると、画面右側に条件を設定する欄が表示されますので、「セルの書式設定の条件」をカスタム数式に変更します。
すると、数式の入力欄が表示されますので、以下の数式を入力します。

これはG2以下のセルが×の値と一致する場合いう意味ですね。

セルの色のデフォルトが薄緑になってたので、グレーに変更します。

完了ボタンを押したら書式設定のルールが保存されます!
これをダブルクリックすると再編集も可能です。

そして表はこんな感じになってます。

×の入力されている行がグレーになっていますね!

もう一つ、H列に入力がある行をピンクに変えちゃいます。

再度、表のA2〜H14までをぐいーっとドラッグして選択します。
条件付き書式ルールの「新しい条件を追加」をクリックします。
カスタム数式の入力欄に以下の数式を入力します。

これはH2以下のセルの空白ではない場合という意味ですね。

このルールを保存すると、こんな表が完成します!

これを応用すれば便利な表が色々作れちゃうわけです!

効率よく仕事をするために、ぜひ覚えてみてくださいね!

Macでのスクリーンショットの撮り方

 

こんにちは!

うどんブームもすっかり落ち着いた今日この頃、
はなまるうどんの温玉ぶっかけ + オリジナル醤油をかけながら食す!! にすっかりハマって「オリジナル醤油をぜひ販売して欲しい!!」と各店舗の店員さんに駄々をこねている、うどんブームがいま到来した鳩豆です!

先週のWindows10のスクリーンショットに続き、今週は Macでのスクリーンショットの撮り方をおさらいします!!

WindowsからMacに乗り換えてまだ間もない方は、Macでのスクリーンショットの撮り方に マゴマゴ してしまうのではないでしょうか?

今回はいわゆる画面キャプチャ—-
見ているPCモニターの画面を ショット!! する方法を見ていきます。(全体キャプチャ)
そのあと、「範囲を決めてキャプチャしたいよ。」の時の方法を見ていきます。(範囲キャプチャ)

 

 

まずは全体キャプチャ。

command + shift + 3

そうすると

(デフォルトでは)デスクトップに「スクリーンショット 2018-10-03 16.21.17」などのファイル名でpngファイルでスクリーンキャプチャが作られていると思います。

 

 

次に範囲キャプチャ。
例えば以下の範囲だけをどうしても画像保存したい時でしゅ。

command + shift + 4

画面上のマウスアイコンが選択十字に変わります。
ドラッグすると矩形が描かれ、その範囲がキャプチャされます。同じようにデスクトップにpngファイルができていると思います。

 

 

 

 

それでは素敵なうどんLifeを!!!
ではでは、また!

【ライフハック】超使える範囲指定のスクリーンショット!【win10】

こんにちは!bibiです。

前回の記事に引き続き、またまたライフハックということで
超絶便利機能をひとつ!

 

 

windows10にて、超絶便利な機能が追加されていることを
皆さんご存知でしょーか?

 

なんと!!範囲指定でスクリーンショットができるんです!!!

 

 

やり方は1手順のみ!
※3手順とか忘れちゃいますからね、当然ですよね!(ニワトリ)

 

windowsボタン + shift + s

 

ちょっと左手が攣りそうな押し方ですが、こちらを押すと、

 

 

 

~~~~~~~~~~~~!!!

 

 

 

な、なんと!!!!!!

 

 

 

 

画面が白くなったのがわかりますよね!!??

 

 

 

 

十字カーソルが出てきますので、これで範囲を選んだ瞬間にコピーされます!

 

 

※画像のスクショがとりずらいので、想像してください・・・
さあ、まずは手を動かしてやってみて!動かせオルァアァ!!

 

 

 

あとはエクセルに貼り付けるもよし、画像系のソフトに貼り付けるもよし。。

 

 

たくさんの画面をコピペして貼り付ける手順書の作成や、サンプル例など作るときはマストですよっ!

それでは、あなたも素敵な社畜ライフを★~

【ライフハック】フォルダ内のファイル名をメモ帳に保存する

こんにちは!bibiです。

暑い夏も終わり、だいぶ涼しくなってきましたね。暑いときは不満タラタラな僕でも、去りゆく夏に若干の寂しさも感じてしまうのは加齢のせいでしょうか。

今回は、ここ最近で一番便利だった、フォルダ内のファイル名をメモ帳に羅列して書き出すやり方のご紹介です!

なんと2ステップで完了!超らくちんですよ!

1.まずは、僕が大っ嫌いなアノ黒い画面を呼び出します。
・windowsであればプログラム検索で”cmd”
・macであればターミナルを起動(Finder > アプリケーション > ユーティリティ)
※macの場合Finder を起動して Command + Shift + u でも可能

2.コードを入れる
「ファイル・ディレクトリの情報を表示する」という意味のdirを頭に、デスクトップにテキストを書き出しますよ、という指示を行います。
↓こんな感じで記入します。

dir C:\Users\shiny\Desktop\folder180920 > C:\Users\shiny\Desktop\text_name_folder.txt
※windowsの場合

folder180920はファイルを書き出したいフォルダの名前を、text_name_folderは書き出した後のtext名(任意)となります。


書き出すフォルダ内です。※中二病?なんのこと?

以上です!これでエンター押すと、下記のように何事もない感じにはなりますが


できてました!!!

開いてみると・・・


できてりゅ!できてりゅの~~~~^^

これ、意外とフォルダ内のファイル名の書き出しって簡単な方法がない上に、使用用途が結構ある!

かなり便利なので、うまく使いまわして数分でも人生の時間を節約しましょう♪

それでは、あなたも素敵な社畜ライフを★~

ハードウェア知ってますか?

こんにちは!鳩豆です!

さて突然ですが
「ハードウェアって知ってますか?」(今回も耳ダコなPC小ネタ話題を恐れず提供いたします。)

ハードウェアって
パソコンとか、
パソコンの中のHDD、または物理的な機器部分、などのことを指したり、周辺機器全般などなど、パソコン関係の物理的なマシンのことをいうときに使用しますよね。
かなり便利な呼称になってます。
でも、ハードウェアのハードって、何がハードなの? って疑問に思ったことありませんか?

ハードウェアは hardware 。
注意としては、「hardware」のwareは服を指すwearではないです。

直訳すると「金物」のことです。鍋など売っているあの金物屋さんの「金物」です。

まだコンピューターそのものが、黎明期だった頃、各マシンは揺れや衝撃を考慮して、頑丈で堅牢に守られていたのです。すでにSSD時代ですが、PCの中のハードディスク(HDD)も同様に今でも金物(金属)で守られていますよね。

その風習からコンピュータ関連の周辺機器全般はハードウェアと呼ぶようになったとです。(ちなみにその呼び名の「ハードウェア」に対応して、ソフトウェア(software)があり、こちらは完全な造語です。)

そうかーーー、ということは、

「むかーし、むかしの、・・ことじゃったぁ」
(日本昔ばなし風に)・・・いい声だったなー、「昔話はこの声でないと、、」と言われるくらい良い声でした。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

鳩豆がとても可愛い内気な小学生だった頃、学校には「中央電算制御統制管理室」とかそんな感じの、ものすごい怖いネーミングの部屋がありました。
「あった!」という方は昭和4,50年代生まれ?です!

タイトル写真のようなイメージの部屋で、謎マシンが並び、
さらにそのマシンはモニターとキーボードらしきものがついていて、
でも全体が(厳重なときはほぼ部屋全体が)金網でガードされている、、

部屋の名前も怖いし、
中の機械はもっと謎だし、
さらに部屋の中に金網って(んーーー、 っ外か っ !?)、
可愛い小学生ならまず「この部屋は近づかんとこ・・」と思わざるを得ない迫力ある部屋でした。

そうなのです!

この部屋こそが、、、(様々なジャンルの各エキスパート様たちの言葉を無視して表現させて頂くなら)

今のパソコンの「ハードウェア」そのものなのです!!
いやもっと端的に表現するなら、ハードディスクそのものなのです!!(なのですっ!!)

おおー、それで確かにハードなウェアで囲まれていたのね。
あの部屋は「ハードウェア」の語源を「部屋」として見せてくれていたのね。
なるほどなるほど。

最後にこのhardwareにまつわる嘘のようなほんとの笑い話を紹介します。よくPC関連の本で紹介される話です。

コンピューター黎明期の頃、当時先端のアメリカについた日本のコンピューター技術の研究者たちは、
ついて早々に鼻息荒く「さすがコンピューター先端の国、街の至る所にhardware storeと書かれた看板がある!!」と叫んだそうです。

しかし廻れども回れども店にHDDなどは置いてなく鍋や工具ばかり。

しびれを切らしてとうとう何軒目かで「何故どの店もHDDやPC関連機器は置いてないのか?」と訪ね大笑いされて教えられたそうです。
「アメリカではhardware storeは至る所にあるが、金物屋、工具屋、ホームセンターなどの意味だ」と。

た、確かに金物屋さんでHDDは置いてないですよね^^

ではでは、また!