ツールなしでwebページをPDF保存する方法!

ツールなしでwebページをPDF保存する方法!

こんにちは!tutinokoです!

もう暦の上では冬!そして迫る師走!
師ではないけど、毎年この時期はものすごく忙しい感覚があります!
そして一年があっという間だったと絶望するのです・・・

さてさて、この前業務でwebページをhtml保存でなく、PDFで保存をしてほしいと頼まれて調べてみました。
ブラウザにプラグインを追加するとか、アプリを探してくるかしないといけないかと思ったのですが、なんと、新しいツールは使わずに今のPCの状態でPDFに保存できちゃう方法があったのですね〜

ということで今回は、ツールなしでwebページをPDF保存する方法!をお教えします!

今回はMacのChromeでご説明します!

まずは、PDF保存をしたいページを開いて、ブラウザのアドレスバーの右端の設定メニューから「印刷」
またはPCメニューのファイル>印刷 で印刷設定を開きます。

左側の設定の「変更」ボタンを押します。

「PDFに保存」を選択します。

そうすると、印刷ボタンが保存ボタンに変わっています。

あとは、保存先を変更して保存するだけ!

簡単ですね!

ChromeはMacもWinも手順は一緒です!

印刷機能を使用するので、他のブラウザでも多少の手順の違いはあれど、PDF化が可能なのです!

結構使う機会があるかと思うので、ぜひ覚えてみてくださいね!
╰(*´︶`*)╯

これは使える!無料【 Chrome拡張機能】

こんにちは!bibiです。
今回はweb関係者にオススメ!
使って便利!なGoogle Chromeの拡張機能を紹介します!

 

Altチェッカー【Popup Image Alt Attribute】

「あれ、あの画像のaltって何書いたっけ・・・?」
「大量にコピペでhtmlタグを量産したけど、alt変えたっけ・・?」
そんなあなたに朗報!この拡張機能をインストールすれば、
なんとhoverするだけでaltが表示されます!
いちいち検証やソース見に行ったり検索したりせずに楽々便利♪
Popup Image Alt Attribute

 

キャッシュクリア【Clear Cache】

「再読み込みするだけじゃ、変更が表示されない・・・」
皆様、経験ありますよね!?
「設定からキャッシュクリアを・・・あれ、履歴からだっけ・・・?」
あるある!こういうので意外と時間かかっちゃったりしますよね!
この機能は、1クリックでキャッシュをクリアしてくれる優れものです!

なお、オプションからReloadにチェックを入れると、1クリックで
再読み込みとキャッシュクリアを同時に行うことができます!
納期の差し迫った時期に1秒でも節約したい、そんなあなたにオススメです!

Clear Cache

 

fontチェッカー【What Font】

気になるあのサイトのあのフォントが、1クリックで簡単に確認できます!

What Font

 

タグエラーチェッカー【HTMLエラーチェッカー】

表示ページを自動で検証してくれて、抜けタグなどタグエラーがあれば教えてくれます!我が社は大丈夫なようですね、(´▽`) ホッ

HTMLエラーチェッカー

 

クロームユーザーならひとつ1分程度で瞬速追加可能です。
どの機能も、あるとちょこっと便利になったり、作業時間を節約できる優れモノです!
是非是非、日々の社畜workライフに利用してみてください♪