【Mac】カラーピッカーいろいろ

【Mac】カラーピッカーいろいろ

こんにちは!tutinokoです!

先週はサプライドの忘年会でした!
誰かの結婚式かな?と思えるほど綺麗すぎる会場に超普段着で行くという不思議体験をしてきました(笑)
お料理もお酒もデザートも美味しかったです!

さてさて、今日はカラーピッカーのお話です。

画面上のこの色を取得したい…!ってことよくありますよね!

Webやデザインの業務でWinを使っている人は、いろんなカラーピッカーのツールを入れて試してたりしているのでしょうか。
私はMacで仕事をしているので、Mac用のカラーピッカーをいろいろ試・・・すのがめんどくさいものぐさなので、現在の環境で使えるカラーピッカーを駆使して作業しています。

そんなカラーピッカー3種をご紹介します。

Digital Color Meter
これ、実はMacにデフォルトで入ってるツールです!
いちいちネットで探さなくてもこれで事足りるんですよ!
場所はアプリケーションフォルダの中のユーティリティの中にあります!

ツールを立ち上げると、こんな小さなウインドウが出てきます。

使い方はまず、色の表示の設定を16進数にします。

あとは、カラーコードを取得したい場所にカーソルを持っていって
shift + ⌘ + Cを押すだけ!カンタン!

 

Photoshop
はい。デザインやってれば必ずといっていいほど使うフォトショさんです。
元々スポイトツールがついてるので、使用する機会も多いでしょう。

このフォトショのスポイトツールでフォトショの画面外の色が取得できてしまうのですよ!

やり方は、まず、スポイトツールを選択し、フォトショの画面内でクリックします。
そのままぐいーっと画面外まで移動して、取得したい色のところでカーソルを離します。

カンタンですね!

 

Illustrator
はい。こちらもデザインでは欠かせないイラレさんです。
フォトショ同様、こちらも元々スポイトツールがついてるので、使用する機会も多いでしょう。

こちらはshiftを押したままイラレの画面内でクリックし、そのままぐいーっと画面外まで移動して、取得したい色のところでカーソルを離します。

カンタンですね!

これさえ覚えとけば、とりあえず私は今は困ってません!

もっと使いやすいカラーピッカーもあるとは思うけど、時間があるときにゆっくり探そうかなと思います。
もしくはオススメのツールを私に教えてください!

それでは!

ツールなしでwebページをPDF保存する方法!

ツールなしでwebページをPDF保存する方法!

こんにちは!tutinokoです!

もう暦の上では冬!そして迫る師走!
師ではないけど、毎年この時期はものすごく忙しい感覚があります!
そして一年があっという間だったと絶望するのです・・・

さてさて、この前業務でwebページをhtml保存でなく、PDFで保存をしてほしいと頼まれて調べてみました。
ブラウザにプラグインを追加するとか、アプリを探してくるかしないといけないかと思ったのですが、なんと、新しいツールは使わずに今のPCの状態でPDFに保存できちゃう方法があったのですね〜

ということで今回は、ツールなしでwebページをPDF保存する方法!をお教えします!

今回はMacのChromeでご説明します!

まずは、PDF保存をしたいページを開いて、ブラウザのアドレスバーの右端の設定メニューから「印刷」
またはPCメニューのファイル>印刷 で印刷設定を開きます。

左側の設定の「変更」ボタンを押します。

「PDFに保存」を選択します。

そうすると、印刷ボタンが保存ボタンに変わっています。

あとは、保存先を変更して保存するだけ!

簡単ですね!

ChromeはMacもWinも手順は一緒です!

印刷機能を使用するので、他のブラウザでも多少の手順の違いはあれど、PDF化が可能なのです!

結構使う機会があるかと思うので、ぜひ覚えてみてくださいね!
╰(*´︶`*)╯